本文へスキップ

   

電話でのお問い合わせはTEL.047-342-9333

〒270-0035 千葉県松戸市新松戸南1−350−1

軟部外科手術Medical Care Subjects

軟部外科症例

当院で行った軟部外科症例の一部をご紹介します。
一部血や臓器が映っておりますので苦手な方は閲覧をご遠慮ください。

消化管内異物摘出術
会陰尿道癆設置術
会陰ヘルニア整復術

消化管内異物摘出術

消化管内で異物が閉塞すると命に関わります。
裁縫中に針を飲み込んでしまったわんちゃんに対して、全身麻酔下で開腹して針を摘出しました。


血液検査写真
飼主様の目の前で裁縫針を飲み込んでしまったということで、早速レントゲン撮影を行い針が小腸内にあることを確認しました。
緊急性が高いためその日の夜に緊急手術を行いました。

エコー写真

摘出されたのは糸付きの裁縫針でした。
幸い誤食からスムーズに手術まで行えたため、腸管の壊死など併発疾患は認めず、術後の状態は非常に良好でした。

会陰尿道癆設置術

症例はフードで尿石症が改善せず、膀胱切開で結石を摘出後も尿道閉塞を繰り返した子です。
尿道閉塞は緊急性の高い疾患です。

会陰尿道癆
今回は古典法(Willson&Harrison法)を選択しました。
骨盤尿道部分を開口して、皮膚と縫合します。
麻酔時間1時間半の大手術でした。

会陰尿道癆術後

術直後の写真です。
本症例は術後1週間位は陰部の腫れや出血を伴いましたが、その後は改善し尿道閉塞は生じていません。

会陰ヘルニア整復術

未去勢の子で多い、会陰ヘルニアです。腹腔内の何らかの臓器が臀部の皮下に出てしまう疾患です。
徐々に進行していき、膀胱や消化管が腹腔内から皮下に移動してしまうと排尿困難や便秘になります。

会陰ヘルニア
本症例は右臀部に会陰ヘルニアを認めました。
皮膚を切開し、ヘルニア部を周囲の筋で閉じていきます。
高齢犬で筋肉が薄く、大変でした。

会陰ヘルニア術後

術直後の写真です。
伸びきった皮膚も多少短縮させたため今の所再発は認めていません。

TSUTSUI ANIMAL HOSPITAL筒井動物病院

診療時間 9:00〜12:00, 16:00〜19:00
休診日 水曜日・祝日
祝日が土日の場合は振替日が休診日となります